ボトックス注射でエラ解消【100%のクリニックで使用】

美容に興味がある方に

カウンセリング

注射だけで高い美容効果

ダイエットしても顔の大きさがなかなか小さくならない経験をされる方は多いです。実は顔の大きさには脂肪以外に筋肉が発達していたり緊張したりしている事が原因である場合があります。特にエラが突き出ている事で小顔に見えないと感じている方は咬筋という咬む筋肉が発達している事が考えられます。ボトックス注射により美容医療で改善する事が期待できます。美容業界ではボトックス注射で小顔を目指す事は一般的であり、安全が確立している治療方法です。咬筋にボトックスを注入する事でエラの筋肉を弱めてエラが縮小して小顔になります。骨を削ったりする必要もなく、施術時間は10分ほどで終了するので入院の必要もありません。効果は半年から1年程であり、定期的に受ける必要はありますが続ける事で効果持続期間は伸びていきます。筋緊張を抑制する以外に歯ぎしりの改善も期待できます。顎関節症にも効果的であり、顔の歪みも改善されていきます。ボトックス治療は美容整形外科やクリニックで受ける事ができ、本当に必要なのかを最初にカウンセリング等で確認してくれます。筋緊張を和らげる作用はしわやたるみ改善にも繋がるので、アンチエイジングを考えた際も有効な方法と言えます。エラの張りが気になる場合は、筋肉のせいかもしれないのです。ボトックス注射の成分はボツリヌス毒素です。この毒素は食中毒の原因として知っている方も多いので食中毒にならないかという声もあります。食中毒を起こす際の毒素量は注入量の100倍程なので、1回で済む注射治療では発生はありません。薬剤は厚生労働省が唯一認めているボトックスビスタを使用しているかを確認する必要はあります。ほぼ100%のクリニックで使用されていますので安全です。エラの張りを縮小して小顔効果が得られますが、注入する場所によってアンチエイジングにも効果を発揮します。人間のしわは加齢によって発生する生理現象ではありますが、筋肉の張りによってしわが残ってしまう場合も多いです。眉間や口元などは特に著名であり、たるみと共に改善を希望する方は多いです。ボトックスはエラの張りを改善するだけでなく、皮膚直下に注入する事で皮膚を引き締めて小顔にする療法もあります。その他ワキガを改善するのにもボトックスは活用されています。ワキガの原因は常在菌が汗に含まれる皮脂等を栄養に増殖して臭いを発します。多汗症やワキガで悩む方に、脇にボトックスを注入する事で汗腺の働きを弱めて抑えるのに使用されています。筋肉を弱めたり働きを弱めたりする効果は一見効果を疑われますが、余分な働きを取り除く事で改善する治療方法です。

メスがいらない施術

医者

手軽に小顔になるならボトックスエラが強い味方になってくれます。安全性の高いボトックスを注入することでエラを改善し小顔へと導いてくれます。メスを使わない施術なので、術後に腫れや傷痕に悩まされてしまうこともありません。

小顔になるプチ整形

看護師

エラの咬筋にボツリヌストキシンを注射するのが小顔ボトックスで、手術なしで劇的に顔が小さくなるのが魅力です。小顔ボトックスをするなら、カウンセリングの申し込みから施術までの基本的な流れを知っておくようにしましょう。

カウンセリングは重要

注射

美容整形クリニックでボトックスエラ治療をするのであれば、カウンセリングや口コミで自分にあったクリニック選びをする事が大切です。治療の前のカウンセリングの際にどのような施術をしてどれくらいの費用が必要になるのかを確認しておく事も大切です。

コンプレックス解消

女性

ボトックスによる、エラ張り治療は施術時間も短く、治療後も直ぐに通常の生活に戻ることができます。そのため、人気も高い治療になています。治療をおこなうときは、クリニック選びが重要になりますので、慎重に選ぶ必要があります。